メニュー

業務実績

シャフト再製作 分解(オーバーホール) 油漏れ

タイロッド型油圧シリンダの油漏れを修理

タイロッド型油圧シリンダの油漏れを修理

◇要点

・タイロッド型油圧シリンダの分解(オーバーホール)

・分解後の油漏れの原因調査

・シャフトの再製作

・その他の部品の修整・洗浄

・シリンダの組立

・耐圧、動作などの検査測定

 

◇タイロッド型油圧シリンダの分解(オーバーホール)

タイロッド型油圧シリンダの油漏れによる修理依頼品です。

このタイプのシリンダは4本のタイロッド(図の赤枠)で締め付けられているので、ナットを外し、

タイロッドを外します

タイロッドがなくなったため、カバーが外せるようになりました。カバーを外すと中にパイプとシ

ャフトが収まっています

パイプからシャフトを抜いていきます。

シリンダに使われていたパッキンを外していき、タイロッド型油圧シリンダの分解が終わりまし

た。1台のシリンダにこれだけの部品が使われています。

 

◇分解後の油漏れの原因調査

シャフトを調べてみたところ、摺動時のキズがあるため作り直しが必要でした。続けて、他の部品

に修正箇所がないか確認していきます。調査を続けると2点錆びている部品がありました。その他、

使われているシリンダのパイプ内も傷がついているので綺麗に磨く必要があります

 

◇その他の部品の修整・洗浄

シャフトの再製作、部品の修正が終わりました。すべての部品をきれいに洗浄し、シリンダへと組

み立てていきます。

 

◇シリンダの組立

パイプにシャフトを入れ、カバーを付けて再びタイロッドで締め付けていきます。

シリンダとして完成しました。

 

◇耐圧・動作などの検査測定

耐圧・動作確認、そして油漏れが無いかという検査をします。

検査に合格したので、きれいに梱包して、お客様に納めます。