メニュー

修理事例・ヒント一覧

シャフト再製作 ユーザー 改良 油漏れ

海外製油圧ジャッキの油漏れの修理・改良する

◇目次

要点

部品検査

改良

組立

検査

要点

今回修理するのは油圧ジャッキです。

ジャッキを使用するとシャフトとカバーの間(図の赤枠)から油が漏れる、新しいものを入手するにも海外製ということもあり時間がかかるということで修理してほしいという要望があり持ち込まれました。

シャフトを伸ばすと赤枠内に油が染み出てきていることがわかります。

これはカバー内部にあるパッキンが損傷しているため油が漏れてきたのだと思われます。パッキンを交換しただけでは根本的な解決はできないと判断し、シャフトの再製作とカバーに改良を加えました。

では、順を追って詳しく説明していきます。

部品検査

いつものように丁寧に分解していきます。

分解できたので各部品の点検をしていきます。外観検査でもわかっていましたが、シャフトが錆びによって腐食しています。

シャフトの錆がパッキンを損傷させた原因の一つだったと思われます。シャフト以外に修正が必要なところはありませんでした。

改良

パッキンを交換しただけでは再び同じことが起きてしまいます。そこで今回はシャフトを作り替え、カバーに改良を施します。まず、シャフトの錆防止、傷が付きにくいようにメッキ加工を施します。また、現状のパッキンでは不十分なため変更します。さらに新しいパッキンを付け加えます。

シャフトの製作ですが、図面はありません。使用していたシャフトから寸法をとり、図面をもとに新しいシャフトを製作します。また、カバーに新しいパッキンを取り付けられるように図面を製作し、加工します。

組立

新しいシャフトを製作し、カバーに加工を施しました。

左が旧品のシャフトです。右が新作したシャフトです。

左が追加工前のカバーです。右が追加工後のカバーです。パッキンが入る溝を奥のほうに追加しました。

すべての部品がそろったので洗浄し、組立ていきます。

シャフトをパイプに入れてカバーを締めて完成です。

検査

完成したので動作確認と油漏れのないことを検査します。

異常が無いことを確認したので、出荷します。